これからの医療を考える「ブレークスルー」

創業者である石井が、自然界の生き物から学んだ独自の生活習慣改善法を確立し、多くの成果を上げてまいりました。 この成果を元に、2007年3月からドクターを対象にした勉強会「ブレークスルー」を開催したのが始まりです。

ブレークスルーとは

ブレークスルーは、医療関係者の方を対象として実施されていたセミナー・意見交換会でした。 初めて実施されたのは2007年3月10日で、これまでに43回、延べ160名以上の方にご参加頂きました。 当時は主に、弊社の優れた生活習慣改善法へのご理解を頂く場として開催されておりました。 有志のドクターのご協力のもと同年10月からの3年間で弊社の提唱する生活習慣の改善法は800例以上のデータ取得も行われました。 ブレークスルーはその成果の発表の場でもあり、多くのドクターから高い評価を頂きました。

これまでのブレークスルーの限界

より詳細なエビデンスを求められることも少なくなく、可視化の複雑さによってより深い追及ができずに足踏みしておりました。 昨今、そのような状況を打破できる体内ミネラルや腸内フローラ(腸内細菌叢)を始めとした新たな検査技術の登場や、既存技術の進化により、 弊社が長年ご提案させて頂いております遠赤外線を利用したデトックスや活性のある酵素等の重要性を明確にできるのではないかと期待されています。

新・ブレークスルーによって変わること

新ブレークスルーは単なるご理解を頂く場としてではなく、様々な医療関係者の方を繋げる場としても生まれ変わりました。 記念すべき第一回「これからの医療を考える」では、弊社の提携医療機関のドクターをはじめ、オリゴスキャンの国内総販売元であるセリスタ株式会社 代表取締役 伊藤様、 腸内環境検査フローラチェックの株式会社メディカルインテグレーション 代表取締役社長 山田様、遠赤外線温熱器の株式会社フジカ 大野様と、 様々なジャンルの専門家の方々にご参加頂き、大変有意義な意見交換が行われました。

新ブレークスルー開催履歴
リンクから様子をご覧いただけます。
2016年2月11日 東京都渋谷区クォーツメディカルクリニックにて
2016年8月11日 千葉県松戸市 島村トータルケアクリニック3Fにて